SOÑAMOSJUNTOS
共に夢を見よう
スペイン語学習

あなたの現状ってどんな感じ?

まえがき

今回の内容は、これからスペイン語学習について、私の実体験・学習内容を伝えて行く上で知ってもらいたいことです。

つまり、それは私のスペイン語の現状です。

スペイン語を使って普段どのようなことに取り組んでいるのか、その中でどのようなことができて、どのようなことができないのか、また今何を目的に、どのようなスペイン語学習をしているのかと言う事です。

何してるの?

サッカー

現在2021年秋、私は既にスペイン、マドリッドでの2年間の生活を終え、3年目に突入しています。2019年の8月上旬にマドリッドに着き、年末年始と夏休みの合計2回の帰省を除いてずっとマドリッドで生活しています。(2020年夏と2021年年末年始はコロナウイルスの影響を考慮し、帰省を断念。)

私は、ヨーロッパでサッカー指導者になるという目標のもと、スペインでUEFA Pro指導者ライセンスを取ることを目指し、マドリッドでの留学を開始しました。

1年目は、日本の「ユーロプラス」という留学会社を通じて留学を開始しました。その際に、紹介していただいたチームが現在所属させていただいている、E.D.MORATALAZというチームです。
この留学会社に頼んだ多くの留学生が、紹介されるチームに不満を覚える中、私は“当たり”だったと言わざるを得ないでしょう。私も1年目、多くの不満や疑問を覚えたことは確かですが、このチームと出会えたのは、この会社のおかげなので、感謝しています。

2年目から現在は、チームの監督やスタッフのサポートのもと、個人で留学しています。
留学会社を通じての留学は、最初の一年目のみです。

当たり前ですが、1年目からスペイン現地で指導できるわけもなく、「アシスタントスタッフ」としてチームでの雑用などから始まりました。練習道具を練習前に準備したり、練習中は、各トレーニングごとの用具の回収やボール拾い、そしてある時は選手役としてはあいることもありました。

それから満2年が過ぎた今は何をしているかというと、ほとんど変わりません

変わったことを挙げるとするのであれば、

  • 毎週のリーグ戦のビデオ撮影をするようになったこと。
  • 相手チームや自チームの試合の分析結果を提出するようになったこと。
  • 練習の内容によっては、ボールを出しや簡単な声出しをすること。
    (サッカーの指導用語で、“シンクロコーチング”と呼ばれるもの。)
  • グラウンドの管理の手伝いをするようになったこと。
    (グラウンドの照明管理、戸締まり、用具管理などなど。)

当たり前ですが、1年目のチームを紹介してもらった日から今日まで、これらの活動に通訳をつけたことは一度もありません。こんなことを、ほぼ毎日のようにやっています。また、私は所属するカテゴリーが3つあるのでほぼ毎日、4・5時間はグラウンドにいます。そのため、チームのスタッフや選手のほとんどの方に、顔と名前を覚えてもらっています。

語学

1年目は、留学会社のカリキュラム上、毎日1時間の語学学校のみでした。
しかし、半年がたった頃、「このままではまずい」と思い、個人的に語学学校の時間を4時間増やしました。そして、留学会社との1年間の契約が終わるまでの約半年間、一日合計5時間の語学学校で勉強しました。(増やしてすぐ、コロナウイルスによるパンデミックが始まり、この時期はオンラインでの授業でした。)

1年目で、A1〜B2までの文法事項は、学校のテキストの内容は全て終わりました。
しかし、勉強しただけ全然身についていなかった私は、2年目はB1からやり直し、B2取得を目指しつつ、スペインでの大学受験の勉強に挑戦しました。

しかし、半年が経った頃、スペインの大学受験の勉強に挫折、断念しました。そして、もう一度スペイン語の勉強に集中することにしました。

そして現在、B1のやり直しを数回繰り返したのち、B2のクラスで学習しています。
3年目で、語学学校に通い、しかもB2のクラスで勉強している人など私が知る得る限り、誰ひとりいません。
現状、日常生活やサッカーの現場でも、基本的なコミニュケーションは取れます。相手にわかってもらえるまで話せば、伝わらないということはまずありません。
ただ、私の場合、目標であるスペインでUEFA Pro指導者ライセンスを取ることのためには、C1以上の語学証明書が必要であるので、このために勉強しなければなりません。
また、個人的にも現状の語学レベルに満足した瞬間は、この留学期間中一度もありません。納得できるまで勉強したいというのが本心です。

最期に

2年以上が経った今、やっと後悔しています。本当に遅すぎるくらいに。
25歳というビハインド、3年目にしてやっと気づいたというビハインド、これに負けないぐらい頑張っていこうと思います。
それをサイトの記事を通して、伝えていければと思います。
スペイン語に限らず、また語学学習に限らず、様々ことに挑戦する方々の刺激になり、共に頑張ることができればと思います。

ABOUT ME
shinjihoribe
1996年静岡県生まれ。