スペイン語

スペイン語を勉強する目的

まえがき

今回は、スペイン語を勉強していく中で、毎日のように目的を見失い、同じことを繰り返し、スペイン語でも、人としても、全く成長しない自分のために書きます。
しんどいことから逃げてばかり、現実に目を向けない大馬鹿者にはとりあえずお灸でも据えておきましょう。
そういった意味も込めて、ここに記録として残します。

目的

そもそもなんでスペインに留学までしているのか?
UEFA(ヨーロッパサッカー協会)プロ指導者ライセンスを取得し、ヨーロッパで指導者として活躍するため。

そのためには、何が必要ですか?
ーUEFAの指導者講習会を受講して、サッカーチームで指導者としての経験を積むこと。

現在、そのために何をしていますか?
ースペイン語を勉強しつつ、サッカーチームでアシスタント、アナリスタとして経験を積んでいます。

では、今現在自分には何が足りないと思いますか?
ー全部。(この答えは却下です。具体的に言いなさい。)
まず、UEFAの講習会に参加するためには、スペイン語のレベルがC1以上であることを証明しなくてはいけません。しかし、今の私のスペイン語のレベルはそこからかけ離れているのにも関わらず、そのための努力が足りていません。
また、スペイン語に自信がないので、チームでも特定の人と仕事に関する話しかしていません。ご飯に誘われても、一緒にいても会話が不足していると思います。実際、チームの人たちにもっと自信を持ってもっと話してほしい指摘されます。

では、質問を戻します。そもそもなぜヨーロッパで指導者として活躍したいのですか?
ー憧れの人、ロベルト・バッジョと対等な関係で話したい、対等でなくてもその舞台に立つにふさわしいサッカー人として会いたいからです。あとは、レベルの高いヨーロッパでこそサッカーを存分に楽しめると思っているからです。
そして、サッカーは私の人生です。

では、そのためにあなたは何をする必要がありますか?
ーこれまでにない程の努力。嫌なことから逃げず、毎日コツコツ努力すること。

それをしなかった時に、あなたはどうなります?
ー人生、本格的に詰みます。努力する必要性を理解してるにも関わらず、それをしなければ、サッカーに限らず何をやってもうまくいかないと思います。つまり、生活できないと思います。

まとめ

もうやることは決まってます。

嫌なことから逃げずに、これまで以上の努力をすること。まずは、スペイン語のレベルを上げるために。それを達成したら、また次のステップへ向けて努力し続ける。

これ以外、何かありますか?

自分に言い聞かせなさい。
やらずに後悔するのは、自分だけなのだと。別に自分がどうなろうが、他人の知ったことではないのです。野垂れ死のうが、何しようがです。
努力して、努力して、その先に目的を達成できるかどうかは誰にもわからないのです。ただ、何もしない者には何も来ないのです。
本物の馬鹿は、やればいいことをわかってるのにも関わらずそれをやらない人間です。
本物の馬鹿になりたくないのなら、自分のありたい姿になりたいのなら、グダグダ言わずに立ち向かいなさい。それが自分のすべきただ一つのことです。

とりあえず、シーズンが終わるまでの残り約半年の間は、つべこべ考えずやり切りたいと思います。その時、また将来のことを考えます。

ABOUT ME
shinjihoribe
1996年静岡県生まれ。 スペイン語、ダイエット、サッカーに励むごくごく普通の男。