ダイエット

ダイエットを始めて変わったこと

ダイエットを始める前の自分と今の自分を、食事・運動・気持ちの3点に注目して比較してみました。
側から見ての違いはわかりませんが、個人的には自分の中で変化を感じ始めたのでここにまとめてみたいと思います。

ダイエットを始める前の自分

食事

好きなものを好きな時に好きなだけ食べる生活。
私の好きなものは、炭酸のジュース、ジャンクフード(ハンバーガー、ピザなど)、甘いもの(チョコ、アイスクリームなど)、お菓子(ポテトチップス、グミなど)です。
理由としては、単純に美味しいと言うこともありますが、それ以外にも調理する必要がなくすぐ食べれるからでした。

何より自炊がめんどくさくて、すぐに食べれるものを優先的に選んでいました。また、以前も話したよう“ストレスを抱えないため”と自分に言い訳して、好きなものを好きな時に好きなだけ食べていました。

運動

学生時代もサッカーをプレーしていた頃も、私は筋トレやランニングといった類のものが嫌いでした。なので、筋力をつけようと決心してもすぐにやめてしまいました。
“ストレスを溜めないように”とか、“無理はしないように”とまたもや言い訳を繰り返し、「今日はいいや」とやめることを繰り返していました。

案の定、チーム練習や学校の授業など最低限の活動だけで疲れてしまい、やりたいこともやらなければならないことにも集中できる時間が短くなりました。
疲れては寝るの繰り返し。
1日や1週間を振り返って、何やったか思い出せないくらい充実しない生活の繰り返しでした。

気持ち

食事も運動も継続しようという気持ちはあるものの、それができないことを繰り返していた私は、段々とネガティブ思考になっていきました。
「どうせ始めたってすぐ止めるから意味ない」、「何もしていないから自信がない」、
「何やってもどうせうまくいかない」、「諦めよう」と…。
こんな風に考えるようになっていました。

毎日に活力を見出すことができませんでした。

ダイエットを始めてから

食事

今では、毎日のように自炊するようになりました。
同居人に食事を見てもらっているので、食べられるものと食べられないものがあります。
もちろん、先ほど述べた私の好きなものは全て食べられないものです。

私が食べてもいいものを食べようと思うと、どうしても自炊しなければなりません。
なんせ電子レンジで温めるだけの商品も対象外なので、自炊が必須になります。
野菜や肉を中心に、果物や乳製品も摂っています。

最初の2週間くらいは、どうしても甘いものが食べたくて、スーパーに行ってぐるっと見て回るだけで帰ったり、冷蔵庫を開いて甘いものがないことだけ確認して部屋に戻ると言う奇行を繰り返していました。

ただ、約1ヶ月経った今では、献立を考えるときに、まずジャンクフードなどが頭の中から消えています。同居人や周りの人が美味しそうに食べているのを見ると、さすがに「いいなぁ」と思うことはありますが、正直、「ないならないでいいや」と言う考えではいます。
これがさらに2ヶ月、3ヶ月と時間が経過した時に我慢できるかが勝負な気がします。

運動

最初は、もらった運動メニューがしんどかったり、筋トレのメニューをフォームを崩しながらもやり切ったりしていました。それこそ腹筋なんて3セット、4セットあるうちの最初のセットはしっかり腹筋を起こせても、セットを重ねるごとにどんどん起こせる高さが変わっていく始末でした。
ランニングしていても、サッカーをプレーしていた頃とは打って変わって、1キロあたりのスピードが遅いは、体は重いは、とにかく朝起きるのがしんどかったです。

ただ、今は少しずつ体も運動することに慣れてきています。
日を重ねるごとに、セット数を重ねても筋トレができるようになったり、気持ちよくランニングできるようになってきました。もちろん、疲れるは疲れます。
私は、サッカーチームの練習の関係で、夕方・夜より朝の方が時間があるので、朝運動をしています。そのため、朝起きなくてはいけません。
最初の頃は、目覚まし止めて、起き上がるのに自分と戦ってましたが、少しずつではありますが、朝同じ時間に起きることが事前なことになってきました。
言ってもまだ約1ヶ月が経っただけなので、油断は禁物です。

気持ち

筋トレでできなかったことが少しずつできるようになったり、朝起きることができるようになったり、自炊ができるようになったりと継続できることが増えてきました。繰り返しになりますが、いってもまだ1ヶ月です。それでも、ここ最近の自分を振り返ってここまでやろうと決めたことを継続できた記憶は本当にありません。

できなかったことが少しずつできるようになって、気持ちも少しポジティブになりました。「今までやってこなかったあれをやろう」と新しいことにチャレンジする気持ちも芽生えてきました。
年末年始のスペインのゆとりのある日程も功を奏して、ダイエットを始める前の自分と比べて本当に全てがプラスに働いていると思います。

最後に

度々繰り返しますが、言ってもまだ1ヶ月。今は年末年始、学校も練習を普段より少ない。つまり、やらなくてはいけないことが普段より少ないのです。

だから、この期間を準備期間として活用して、完全に通常運転の日々が続いた時にも、今と同じもしくは、今以上の良い習慣を続けていきたいと思います。
何はともあれ、継続には健康が必要不可欠です。今のこの習慣はそれを支えてくれていると思いますし、頑張って継続していきたいと思います。

ABOUT ME
shinjihoribe
1996年静岡県生まれ。 スペイン語、ダイエット、サッカーに励むごくごく普通の男。