ダイエット

ダイエットを始めるまでの過程

私がダイエットを始めた訳

身長161センチ、体重68キロ。
これが2021年11月27日のことでした。
驚愕でした。

現在25歳。20歳まで紆余曲折もあるましたが、それまでサッカーを約20年間プレーしてきました。その当時は身長は変わらずで、体重56キロ。
決して、レベルの高い選手でもなく、レベルの高いチームで常にプレーしてきたわけではなかったので、大した身体でもなかったです。それでも56キロ。
そして今は…。

68キロ!!!

これはまずいと思い、ダイエットを始めようと思いました。

自分の性格・性質

ダイエットをしようと思った時に、どうやってダイエットしようかと考えました。
走馬灯のように過去の自分の出来事が頭に浮かんできました。

筋トレしよう!➡︎1週間でおしまい…

走り込みしよう!➡︎3日でおしまい…(ザ・三日坊主)

自炊して健康的な食事をしよう!➡︎またしても3日でおしまい…

つまり、何を言いたいかというと、メンタル激弱なんです、私

実は、私アトピー性皮膚炎持ちなのですが、それをすぐに言い訳に使ってしまうのです。
・汗かくと身体が痒くなるから、今日は運動しない。
・ストレス溜まると痒くなるから、今日は好きなものを食べよう。
みたいな感じで。
その上、メンタル激弱。決心ゆるゆる。ゆるキャラもびっくりレベル。

まずは言い訳をなくす

とりあえず、言い訳してる自分がダサすぎたので、それを消すことから始めました。

具体的には、今までスペイン語で病院の予約を電話で取ることをびびって、皮膚科に通っていなかったので、恥を偲んで、語学学校の先生に病院を紹介してもらい、予約を取ってもらいました。

今は、処方箋を出してもらい、アトピー性皮膚炎の問題を解決していくよう努めています。

メンタル激弱は他人の力で解決

とにかく自分1人でやるとすぐさぼると思ったので、人の力を借りようと思いました。
しかも、知識のある人に正しいやり方を教えてもらいながらやった方が絶対にいいと思いました。
なので最初、ジムに行くことを考えました。
けど、筋トレ・ランニングが大嫌いな私は、ジムのマシンの使い方も何もわからない。その上、パーソナルトレーナーなんかを頼んだら、めちゃめちゃ高いときた。
そこで、あることを思いつきました。

実は、今住んでいるスペインの家の同居人が、日本人でサッカークラブでトレーナーとして働いているんです。
これはいいと思い、同居人に「お金を払うのでダイエットのための運動メニューを作ってもらうことと、食生活を監視してほしいです。もしダメなものを食べたら罰金としてプラスでお金を払います。」とお願いしました。
すると、同居人は快く受け入れてくださいました。
プロの方が、その人の時間を使って、私のお願いを聞いてくださるのですから、日本人で同居人であってもお金を払ってお願いするのが、人としての筋の通し方だと私は考えます。
だから、多くないお金ですが。しっかりと支払っています。

今の様子

2021年12月7日から始まった私のダイエットの道のりは、現在順調に継続しています。

アトピー性皮膚炎も重症化せず、これに関して言い訳することは無くなりました。
病院もそうですが、ダイエットメニューに関しても、お金を払っているので、それを無駄にしたくないという思いで、毎日イヤイヤながらも継続できています。サボりたいと思うと、ふと「ここでやめたら、もったいない」と考え、体を起こしています。
食事に関しても、以前のジャンクフード・甘いもの・炭酸水のオンパレードからおさらばして、毎日自炊しています。何を食べていいのか、食べてはいけないのか、わからない時はその都度同居人に聞いて、今のところ一度も罰金も払っていません。

あくまで、“今のところは”です。
これからも気を引き締めて頑張りたいと思います。
余分なお金払いたくないので…😂

ABOUT ME
shinjihoribe
1996年静岡県生まれ。 スペイン語、ダイエット、サッカーに励むごくごく普通の男。