サッカー

トレーニング②

今回のトレーニングは、サッカーの攻撃の局面において、どの場面でも重要になってくるポゼッションについて、シンプルかつ深く理解していきます。

サッカーは一見複雑に見えますが、状況を整理していくと簡単になっていきます。
個人的には、これが指導の醍醐味だと思っています。
選手が整理できていないことを、整理して伝えることが指導者としては大切です。
ただ、これは頭の中の話です。つまり、いくら頭の中を整理できていたとしても、それが実際にできるかどうかは、別の話だと言うことです。
だからこそ、こういったトレーニングを繰り返して理解・実行のレベルを上げていきましょう。

概要

このトレーニングの中で意識してほしいことが、大きく2つあります。

  1. 簡単にプレーすること。
  2. スペースを埋めること。

一つずつ解説していきます。

❶状況は8vs4です。つまり、4人多い数的優位な状況です。
少ないタッチ数で、素早くフリーの選手を見つけ、パスすることが重要です。
これができないことは、判断の遅い選手、周りを見えていない視野の狭い選手となります。
例え、ドリブルでボールを奪われることがなくても、少ないタッチで簡単にプレーできないことは、選手にもチームにもプラスではありません。
2タッチ以内あるいは1タッチでプレーすることが理想的です。
もちろん選手のレベルに合わせて、とにかく少ないタッチ数でプレーすることだけを促すことも大切です。

❷目安として、グリッドを4つのゾーンに分割しています。
スペースを埋めると言うことは、この4つゾーンにそれぞれ選手がいることを示します。
ボールを持っている時に、重要なことはスペースを広く使うことです。それは、相手DFを密集させて、相手がボールを奪いやすい状況を作ることを避けるためです。
なので、一つのゾーンに3人も4人もいるような状況は、すでにエラーが起こっています。
選手たちは、お互いの選手の位置を見て、どこのスペースを自分が埋めるのかを考える必要があります。

基準

先ほども話しましたが、ポゼッション(ボール保持)とはいえ、1人でボールを持ってドリブルで何人抜こうが、素早く簡単にプレーしなければなりません。
その基準が2タッチ以下です。

そしてもう一つの基準が、4つのゾーン全てに選手がいることです。
この時、勘違いして欲しくないことがあります。動かなくていいと言うことではありません。ボールの動きや味方の動きに合わせて、数歩だけでも動いて、パスコースを作ることが大事です。

状況

一番イメージしやすいのは、中盤でボールを持っている局面だと思います。
より人が密集しているところで、テンポ良くボールを回します。
ただ、このトレーニングでは、ボールを持っている状況において頻繁に起こる現象に対してトレーニングしています。強いて、一番イメージしやすい場面を言うとしたら、中盤だと思います。

 

ABOUT ME
shinjihoribe
1996年静岡県生まれ。 スペイン語、ダイエット、サッカーに励むごくごく普通の男。