サッカー

トレーニング⑤

このトレーニングでは、守備における1vs1の基本を押さえていきます。
サッカーを理解し、戦術を学び、チームとして機能しても、最後の最後には個人の力の差が勝敗に大きく影響します。

概要

まずは、ポジショニングを整理します。
ゴールへのパスコースを塞ぎつつ、マークする対戦相手とボールを同時に見れる場所。
基本のきですよね。
次は、守るべきものの優先順位についてです。
優先順位の一番は中央です。その次に外です。
戦術や監督の指示、状況によって、外側のコースを塞ぎ、中に誘導することもあるかと思いますが、それはこれを押さえた上で取り組むべきです。なぜなら、サッカーのゴールが中央にあることは、絶対に変わらない。不変なことだからです。
私は中に誘導する方法を否定しているわけではなく、学ぶ順番の話をしているのです。
次にアクションの優先順位です。
インターセプト(パスカット)から始まり、コントロールミスの瞬間、ボールが相手の体から離れたときとなります。
狙う順番としてはこうなりますが、実際問題かなり難しいです。なので、ボールを奪えるその瞬間まで我慢することが大事です。もちろん、パスカットを狙うことを頭に入れた上でです。ここで理解してほいことは、守るべきは自分の背中にあり、ボールを奪いにいくと言うことは、その守るべきスペースを離れたリスクあるアクションだと言うことです。そして、リスクがある分、うまくいった時ボールを奪えるチャンスが増え、相手ゴールに近いところでボールを奪える可能性があるのが、プレッシングです。

基準

とにかくボールを奪いにいくことをチャレンジさせていきましょう。
その中で、どこで止まるべきか、どういった時に前に出てはいけないのか、経験の中で習得していきましょう。なので、一回の1vs1に時間をかけすぎることは避けましょう。
攻撃の時間をかけさせただけでもいい守備でしょう。

ボールに対してアタックしに行く、かわされる、この中でボールを奪える瞬間まで我慢することの必要性を学んでもらいましょう。

細かいことを言うと、1vs1の原則的な体の向きの作り方があります。

体を半身にし、ボールを両足の間の延長線上におく。
なぜなら、ボールが中進んでも、外に進んでも自分の体の中心から同距離なので対応しやいからです。
ただ、これは経験の中でどんどん変わっていきます。ここの選手に考え方があります。

それこそ選手として活躍されてきた指導者の方々にはさまざまなこだわりがあるかと思います。ただ、最初に基準としてこれを伝えることをお勧めします。

ABOUT ME
shinjihoribe
1996年静岡県生まれ。 スペイン語、ダイエット、サッカーに励むごくごく普通の男。