サッカー

トレーニング⑥

このトレーニングでは、自チームが1−4−3−3のフォーメーションを想定して、ピッチを3分割した時の真ん中のゾーンから相手ゴールへのビルドアップとフィニッシュのトレーニングを行います。

概要

自チームは、ボールを保持するチームを想定しています。
そのため、コンセプトとしては、ボールを保持しながら前進していくことです。
どのようにボールを保持するのかと言うと、ピッチ横幅を大きく使い、ボールを横に動かしながら前進していきます。

このトレーニングの目的は、チームとしての動きを共有することです。
一種のパターン練習です。
もちろん、試合の中では、相手を見て判断する必要があります。しかし、このトレーニングを通して、まずボールを横に動かしながら、プレーすることを頭に植え付けます。
そうすることで、チーム全体として、何をしなくてはいけないかを選手一人一人が理解することができます。

ポイント

単純なボール回しにならないこと。つまり、止まってボールを受けないこと、そして素早くプレーすること。

このようなパターン練習をすることの利点の一つに、プレーの判断スピードが上がると言うことがあります。なぜか?
それは、このパターンを基準に判断することができるからです。例えば、最初の選択肢が図のようなボールの動きだったとき、そのパスコースがなければ違うプレーを、パスコースがあればそのプレーをすると言う二択をすることができます。
この時重要なことが、素早くプレーすることです。
相手が想定通りに動いているにも関わらず、ボールをたくさん触って時間をかけてしまうと、絶対にうまくいきません。なので、相手がいないからこそ、素早くプレーすることを意識付けすることが大事です。

相手がいないからと言って、止まってボールを動かすことを許してはいけません。
なぜなら、試合になればもちろん相手がいます。その時、止まってボールを受けることはほとんどあり得ません。止まった状態でボールを受けるトレーニングだけをしてしまうと、いざ動きの中でボールを受ける時にうまくいきません。
だから、必ず小さなアクションを入れることを要求しましょう。
最低限のアクションとして、図の説明文にも書きましたが、ここでおさらいと詳細を記します。

  • 中盤の選手の体の向き(進行方向〈次のプレー〉を意識した半身の状態)
  • トップ下右(左)の選手がボールを受けた時のFWのマークを外す動き。また、その後のクロスに対する動き直し(ゴール正面側に戻り、その後クロスのタイミングでニアに走ること)。
  • WG右(左)の選手がボールを受ける前にパスコースを作るために数歩下がってボールを受けること。
  • SB右(左)の選手がWG右(左)の選手からボールを受けた時(オーバーラップ時)の周りの動き。トップ下右(左)の選手は後方でのサポート、FWはニア、反対サイドのWGはファー、もう1人のトップ下はマイナスでボールを要求すること。またパスを出したWG右(左)の選手はトップ下とは異なる位置で後方へのクロス(マイナス)を要求する。
  • 後方の選手の押し上げ。CBはハーフェラインを超えること。反対サイドのSBは中央に少し寄ること。アンカーの選手はセカンドボールを拾える位置にポジションを取ること。

最低限確認してほしい動きは以上です。ただ、ボールを受ける前のアクションがない時には、注意しましょう。ボールに寄る動きだったり、ステップを踏んでボールを受ける準備をしたり、やれることはたくさんあります。
より実践的なトレーニングを心がけましょう。

ABOUT ME
shinjihoribe
1996年静岡県生まれ。 スペイン語、ダイエット、サッカーに励むごくごく普通の男。