サッカー

トレーニング⑧

今回は、ボールを奪った奪った時のチームとしてのアクションについてトレーニングしていきます。

攻守の切り替えは、大きなピンチにもチャンスにもなります。そして、この攻守の切り替えは、サッカーというスポーツにおいて頻繁に起こります。ここをトレーニングすることでチームとしてのレベルを上げましょう。

概要

考えるべきシチュエーションは、相手が自陣でボールを保持している時に、ボールを奪った時のことです。
このトレーニングでは、ボールを奪った瞬間にハーフラインの両サイドで待機している2人の選手が攻撃に参加します。ボール保持側(攻撃側)の選手の並びは、1−4−1−4−1のシステムに両サイドバックがいない並びになっています。
つまり、この並びが変わらなければ基本的には、ボールを奪った際に両サイドにフリーの選手がいます。一方で、中央にはFWの選手がいますが、基本的な状況は2人の相手のセンターバックに対して1vs2と数的非理な状況です。
これを理解した上で、ボールを奪った時のアクションをトレーニングしましょう。

ポイント

ボールを奪った際、つまり守備から攻撃への切り替えの優先順位を整理していきます。

まず、目指すべきはカウンター(縦方向へのアクション)。
そしてこの時、すでに相手チームが組織化されている場合(相手チームが後退して、すでに前進するためのスペースがない場合。)、ボールを保持すること。
ダイレクトプレーを選択するチームは、カウンターの優先順位がより高い位置にある。

カウンターをするかどうかは、相手ゴール方向(前進したい方向)にスペースがあるかないかで判断します。もしなければ、ボールを保持しましょう。
概要でも話しましたが、ボールを奪った際には、両サイドの選手とFWの選手で相手センターバックに対して数的優位を作り出しているのがこのトレーニングです。また、相手センターバックの後方には、前進するためのスペースが広大にあります。
なので、ボールを奪ったら、このスペースを前方にいる選手を生かして使うことを意識しましょう。
反対ゾーンにボールが渡った時、重要なことがチーム全体を押し上げることです。
基準として、相手ゴール前でシュートを打てるところまでボールを運んだ時に、チーム全員がハーフラインを超える位置にいることが必要です。細かいことを言うと、必ず越えなくてはいけない、と言うわけではないです。ボールが進んだ分、チーム全員が一つの塊として前進することが重要なのです。

守備側(ボールを奪われたチーム)は、カウンターをさせないために即時奪還を目指すこと。そして相手の前進を許した場合には、後方にあるスペースを守るために後退すること。こうすることで守るべきスペースを埋めることができます。

ダイレクトプレーを選択するチームは、ボールを奪った瞬間に前を向けたら、迷わず相手の背後にボールを蹴ることを意識しましょう。もし前を向けなければ、近くにいる前を向いている、もしくは向ける味方選手に素早くパスし、その選手が背後のスペースにボールを蹴りましょう。
つまり、ボール保持は優先順位として後回しです。

ABOUT ME
shinjihoribe
1996年静岡県生まれ。 スペイン語、ダイエット、サッカーに励むごくごく普通の男。