活動指針

 

年齢・出自・学歴・経歴などに左右されず、互いを尊重し、意見交換をする場所。

「FutbolChat」では、子供から大人まで互いを尊重し、サッカーについて誰もが平等に意見交換・情報共有することを目指しています。

日本における上下関係の文化

一般的に日本では、年齢による上下関係を重要視する文化があります。
「年下よりも、年上の人が偉い。」と言った風潮があります。
これは様々な面で障害となり得ます。

常に年上の方が、正しい考え方、より良い意見を持つことができるというわけではありません。もちろん、年齢を重ねるごとに得られる経験はそれらを助ける一つの要素とはなり得ます。
しかし実際には、年齢を問わず、より良い考え方・意見を持つ人たちがいます。
これを「年齢が下」というだけで無下にすることはあまりにも残念なことです。

では、「FutbolChat」では何を重要視するのか?

それは相手への敬意です。

年齢や人種、勉強・スポーツの成績、役職や経歴の違いから、誰かを蔑むことや軽蔑する権利は誰にもありません。「FutbolChat」では、あらゆる人種差別や偏見を認めません。
どんな相手に対しても敬意を持って、振る舞うことを目指します。

敬意に対して敬意で返す姿勢をお互いが取ることを目指します。

※年齢による上下関係:
年上の人を敬うよう言われるのは、年齢分積み上げたものがあるから、その分努力してきていると一般的に考えられるから。年上の人を敬うことが大切なのではなく、全ての人に対して敬意を示すべきです。そして、その人のこれまでとこれからの人生に対して敬意を示すべきと考えます。

※出自:あらゆる人種差別を認めません。

※経歴・学歴:結果を出している人を世間が敬うのは、そこに至るまでの努力を尊重しているからです。しかし、それが誰かを軽蔑して良い理由にはなりません。

以上の考え方を基盤に、全ての活動に取り組ませていただきます。

活動内において、プレーレベルや学年等をもとにクラスを振り分けたり、選手・指導者を選考することもあります。その際にもできる限り公平な眼で行わせていただきます。
何卒、活動内容へのご理解とご協力をよろしくお願いします。